vape電子タバコの基本とマナー

VAPE(ベイプ)とは、電子たばこELECTRO CIGARETTEという意味で日本ではスタイリッシュになったデザインに対して使っている方が多いようですが、Vapeの基本やマナーについて確認しましょう。

VAPE(ベイプ)とは

VAPE(ベイプ)とは

少量のリキッド(香りのついた液体)を熱し煙を生成します。
本物のタバコと錯覚しますが、正確には煙ではなくリキッドを熱した際に出る蒸気なのです。

 

電子タバコvapeの年齢制限とは?

通常のタバコは20歳以上からの喫煙が許されますが、電子タバコには未だ正式な年齢制限の法律が定まっていないというのも気になるところです。
電子タバコVAPEを雑貨として取り扱っているところでは、現時点での日本の法令上では利用が可能となっているようです。(wikipedia参照

しかし、この日本の法律の曖昧である点を先を見越してか、通販サイトなどを見ると後々のトラブルを防ぐためでしょう
20歳以下のお客さんの購入を禁止しているサイトが多いようですね。
今後トラブルになる可能性も販売店側としては考えることも大切でしょう。念のため20歳以下の方は購入を控えることをおすすめします。

 

喫煙所やスペース以外で吸っても平気?

電子タバコVapeはタバコではないので利用する事は可能なのだそう。
しかしながら水蒸気が外に出る上に、日本では未だVAPEが電子タバコという認識が根付いていない為使用する際は周囲に気を遣うこと、
そして店舗などで吸いたい場合は担当者やお店の方に確認するのが賢い選択でしょう。

やはり特に公共施設で迷惑とならないように、マナーよく電子タバコVapeを楽しみたいものですね。